スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

私立語学学校と大学附属語学プログラムの違いは?

 2012-09-17
「真剣に学びたいから、大学附属の語学学校を紹介してください。」

そうリクエストを受ける時が何度かありました。

今回は、必ずしも真剣に学びたいから=大学附属の語学プログラムとは限らないというお話し。

どうも、私立の語学学校はちゃらちゃらしているという印象があるようです(笑い)

でも私立の語学学校だって、試験英語やアカデミック英語が強いところもありますし、授業時間もコンピュータールームでの時間も全く含めずに朝から夕方まで履修できるところもあります。

私立語学学校も大学附属語学プログラムも、それぞれに良いところがありますから、学生の皆さんの目的に応じて選んでいただきたいと思います。まずはどちらのタイプが適しているか探ってみよう!

大学附属の語学プログラム:
大学附属の大きな目的は、その大学に進学を希望している学生に、英語で何かを学ぶというレベルに至ってもらおうというもの。そのため、エッセイを書く、講義のノートの取り方、リーディング、文法を徹底的に教えます。エッセイを書く課題も多いので、必然的に宿題もでてきます。家での勉強時間もでてくるので、その分大学附属=厳しいと感ずるかたもいるでしょう。でも、内容的に講義形式で、会話を学べないと感ずる学生の方もいるかもしれません。それを補うために、アメリカ人大学生がいる環境をいかし、英語ネイティブ学生とのカンバセーションパートナープログラムを出しているところもあります。でもこれは授業という訳ではありません。
適している方:大学進学・総合的な英語力をつけてTOEFLなど試験英語の力をつける。1学期程度(12週間程度)の在籍が可能なかた。

私立語学学校
私立の語学学校は、さまざまな目的を持つ学生の方のニーズに応じようと、一般英語、試験英語、ビジネス英語などさまざまなコースを出しています。私立の語学学校の方がどちらかと言えば、会話的、実践英語に力をいれているといえます。また、少人数制をアピールしている学校もあり、例えば1クラス8人とか、もっと少ない人数のコースも可能となります。講義形式よりは、会話形式で他の学生とのディスカッションをしたりすることもあります。また放課後のアクティビティーやイベントも企画していたり、「教室以外でも英語を話す機会をつくる=英語の学習」と考えている方にはむいています。私立の語学学校の多くは独自にホームステイを斡旋しているので、ホームステイを希望する方も私立の語学学校の方が向いています。
適している方:滞在期間が数週間など短期である。会話を勉強したいと考えている。アクティビティーにも多く参加し、ホームステイを希望している方。TOEFLなど試験英語のみを学びたいと思っている方。ビジネス英語を学びたい方。


友人や親せきの方が住んでいるなどで、地方、観光地以外の場所に滞在する場合には、私立語学学校よりはどうしても大学附属の語学プログラムが中心となります。この場合には、選択の余地はあまりありませんが。

もし滞在場所をご自身で決められるならば、自分が到達したい英語修得のゴールに合わせて、語学学校の種類を選ばれると良いでしょう。

ちなみに、2012年も残り少ないということで、各語学学校ともさまざまな割引を出しています。年内中に渡米できるというのが一つの条件ですが、今まだ考え中という方は、えいやっと決定して乗り出しましょう。

スポンサーサイト

格安学校は慎重に選びましょう

 2011-09-20
今日は、私の住むテキサス州ダラス市内の語学学校をいくつか視察してきました。テキサスにはテキサス大学オーステイン校をはじめとして、アメリカトップレベルの大学がいくつかあります。そのため、留学生の数全体では、3番目に多い州でもあるのです。

テキサスは物価も安いですし、日本の皆さんにもご紹介できる語学学校を発掘したいという野望を持っている私です。

さて、今日出向いた語学学校は、現地の口コミでしか出てこないようないわゆる格安語学学校3校。

どうかな~と思いながら事前の面会予約なしに(意図的です)出向きました。

やはり、超格安というのは、慎重になってくださいと私は言いたいです。

3校中、1校は中に入ることなく、これは私の学生さんは送りたくないと、そのままUターン。

所在地の治安も、これはちょっと、と言う感じでしたし、学校の看板すら見当たらず。
これはだめでしょ。

もう1校は、一応ダラスの語学学校でインターネット検索すると出てくる学校ではありますが、担当者の対応が横柄でした。

しかも料金的には、超格安というほど安くもない。たしかに、今は入学してきた学生たちの移民法上のリポート時期ではありますが、あの態度はいけません。

ここもだめでしょ。

残った1校は、とりあえず合格点だしました。近くには大手ホテルも立地する場所ですし、バス停もあります。建物の内部も清潔でした。

予約なしで訪問したにもかかわらず、スタッフは快く迎えてくれ、学校の説明もしてくれましたし。たしかにこのような格安系はアジア人人口がとても高いのですが、それでもヨーロッパやアフリカからの学生も数人入っていましたし。

これだったら、とにかく料金を抑えたいという方には、お勧めしても良いかなとは思った私です。
プログラムも思った以上に充実していましたし。

面白かったのは、この学校の一室に、古着を売るお店があったのです。

学生たちがいらなくなった洋服や小物を持ち寄って、売っているのだそうです。収益はその洋服を持ち込んだ学生の学費支払いの一部になるそうです。面白いですよね。


今回の視察の教訓:超格安学校を選ぶ際には慎重に

治安、スタッフサポート、プログラム内容などを吟味しましょう。


TOEFL iBT スピーキング体験

 2011-07-28
TOEFLテストがインターネットベースに変更されてもう5年なんですね。早いものです。ついこのあいだインターネットTOEFLに変更されたようなイメージがあるのは私だけでしょうか。

TOEFL iBTの最大の特徴は、文法、リスニング、書くというこれまでのセクションに加えて、スピーキングのセクションも加わり、実践的な英語の力を試すというものです。

実は私、先日遅ればせながらこのTOEFLのスピーキングセクションのサンプルテストを体験しました。今までスピーキングサンプルテストをしていなかったのは、しゃべりとリスニングには自信があったからです。

出題の傾向は知っているのでそれで十分だろうと・・・・そう思っていたのですが、

やってみたら、「これは大変!」

実感したのは、スピーキング対策が、もっと言えば、練習が、TOEFLの得点を上げる大きな鍵になるだろうということです。

TOEFLのスピーキングは、きっちり考えを述べることに加え、「時間内に話す」ことが要求されるのです。

設問に対する答えを15秒から30秒の間で考えて、

45秒から60秒以内に話すって、これは練習しないとできることではありません。


私の日本での職業はアナウンサーでした。

いわゆる「話しのプロ」です。

話す訓練をしてきた私は、60秒以内で話すというのはだいたいどれぐらいなのかというのは体が知っています。

でもこれを体得するには時間かかりましたよ。

今回久しぶりに45秒とか60秒という、短い時間内に話すことをして、カンがが戻っていない自分がいました。

やはり慣れが必要になってきます。


さらに、スピーキングセクションでは、時間内に文章を読むことも要求されます。

これもはじめて読んだときには、私も時間内に言い切れませんでした。

実は、カナダのカレッジでラジオ放送学科に入学して、

どうやったら流れを途切れずに、文章を理解しながら話すかなども勉強していたので、

文章を読むのは大丈夫だろうという自信があったのに、ダメでした。

次の質問の文章を読むところでは、これは言い終わりましたが、結構スピードを上げましたね。


感想としては、「みくびっていた」ということでしょうか。


とにかく、毎日文章を読む練習をする、想定されるスピーキングのトピックをいくつか上げ、時間内に自分の意見をいう練習をすることが大切だと実感しました。

逆に、しっかり練習すれば着実に点数を上げられるセクションだとも思います。

特に、高校留学をした、英語は得意などと自負されているあなた、

スピーキングもきっちり練習して、私のように、「みくびっていた」ということにならないように頑張ってください。


USカレッジコネクションのホームページには、TOEFL iBTスピーキングセクションの具体的な対策について私なりの考えを述べていますのでこちらもチェックしてくださると嬉しいです。
USカレッジコネクションホームページ

めるまが「ネイティブの娘が今日アメリカで使った英語」

 2011-05-03
アメリカ生活も11年を超した私です。

アメリカで家族を持った私には、3歳と6か月になろうという娘がおります。

アメリカ人と日本人のミックスである娘は、最近いろいろな言葉を覚えてきます。

日本でいう、幼稚園(英語ではプリスクール)に行きはじめ、

お友達や、先生が使う言葉を吸収しているのでしょう。

もちろんテレビやビデオからもたくさん言葉を覚えています。


ちゃんと教えているわけでもないのに、完璧な文法で英語を話したり、

面白い表現をしたりと、

親をうならせる英語もたびたび飛び出します。


「娘が覚えて、使い始めた英語表現は、これから語学留学やアメリカ滞在をお考えの皆さんのお役にたてるかも」

そんな思いから、めるまが「ネイティブの娘が今日アメリカで使った英語」が生まれました。

気軽に読んで、少し学んでいただけたらと思います。

発行頻度はほぼ日刊の予定です。何しろ、娘は毎日面白い英語を使ってくれますので。

めるまがの登録画面はこちらからどうぞ。http://www.mag2.com/m/0001285670.html

英語ぺらぺらじゃだめなんです その2

 2010-12-11
挑戦者が「鉄人」と呼ばれるレギュラー料理人に挑戦する料理バラエティー番組「料理の鉄人」は90年代にフジテレビで放送され一世を風靡したのですが、そのアメリカ版である「アイアンシェフ・アメリカ」(まさに直訳!)は今でも元気にフードネットワークというチャンネルで放送されています。司会者、リポーター、審査員、そして料理の鉄人たちもアメリカ人で固める中、和食の鉄人としてこのアメリカ版でも頑張っているのが、本家日本版でも和の鉄人であった森本正治シェフ。アメリカ版でもその風貌と日本ルーツのオリジナリティー溢れる料理で人気なのですが、どうも気になるのが彼の「話す」英語です。実は彼が作った料理を審査員たちに説明するとき、その声はアメリカ人俳優によって吹き替えが行われているのです。森本シェフはアメリカ生活25年、ニューヨークの高級日本食レストランNOBUの総料理長も勤め、現在では複数のレストランをアメリカで経営するビジネスマンです。そんな彼が英語を理解できないはずはありません。また25年もアメリカにいれば話し言葉だって問題ないはずなのです。これってアメリカメディアの「きつい日本語訛りの英語は聞き取りにくいであろう」というよけいなおせっかいではないだろうかってずっと思ってました。

森本シェフはこのことに対して不快に思っていないのかしら、って考えながらインターネット検索をしていたら、「実はこの英語の吹き替えは森本シェフ側からの依頼であった」ということを語るコミュニティーサイトを発見。それにあわせて自分の英語のアクセントを異常に気にして人前では英語を話したがらない日本人についてコメントを寄せるアメリカ人たちもいました。ことの真相はどうあれ、日本人の間には日本語訛りの英語のアクセントに対してコンプレックスって多かれ少なかれあるように思います。でも英語の習得にはまずこのコンプレックスから抜け出るのがはじめだと思うのです。英語ではGet over it!と言います。訛りは魅力と思うべし!

会話力の向上において、慣用句(イディオム)英語独特の言い回しを覚えていくのはとても良いことですが、慣用句は口癖ではないということに注意。口癖とは会話の中で思わずでてしまう、あってもなくてもよい言葉なのです。例えば"Do you know what I am saying?" 日本語にすると「ねぇ、分かる?」っていう感じになります。会話の中で1回ぐらい入ってくるのは問題ありませんが、これを連発してしまうとなんだかとても会話が安っぽくなると私は思います。みんながよく口にしていて格好良い感じがすると、外国人がその口癖をいれてしゃべってもなんとなくぎこちなく、なによりも意味のない言葉をしゃべるのは逆に格好悪いです。落ち着いて自分の話したい内容をゆっくりでもよいから伝えることが会話力向上の第一歩です。

例のアイアンシェフ・アメリカからの教訓です。アメリカ人俳優によって流暢に話される森本シェフの吹き替え英語は逆に不自然。だってそんなはずないんだもの。アクセントがきつかろうと、多くのアメリカ人視聴者は森本シェフの本物の声を聞きたいと思っているはず。だから私たちも堂々と自分の声で英語を話しましょう。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

akikoUSCC

Author:akikoUSCC
現地発!アメリカ留学、短期滞在プログラムサポートのU.S.カレッジコネクション代表の今入亜希子です。アメリカ大学で8年間にわたり留学生のサポートにあたってきた経験を持ちます。アメリカの現場を知る私が、留学生に関連する情報を本音で語ります。アメリカ留学についての質問はmail@usccinfo.com
USCC Web site: http://usccinfo.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。