スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

大人だって悩んでる

 2012-08-17
8月は秋学期開始前で、多くの学生さんがアメリカに出発しました。今まで1年近くサポートしてきた学生さんもいるので私も感慨深いです。現地アメリカにオフィスがある私にとっては、「いらっしゃい」なのですが。

前回は高校生の留学体験での戸惑いを書いたけれど、今回は大人学生も戸惑う・悩んでますということをお話しします。

大学を結構前に卒業して、これまで社会人生活も長くなり、キャリアアップのため、あるいは路線変更のためにアメリカ留学を目指す大人の方も多いです。特にまだ独身で、今がチャンスと決断された方。

これまで、長く社会人だった方が、また久しぶりに学生に戻り、しかも、留学生として生活するのは、正直、大変です。

自分なりの生活習慣や、ルールが出来上がってしまった大人が、海外で、他の文化習慣の中で同じことをしようとすると、

完全に失敗します・・・・


ホームステイ、寮、アパートシェア、どれにもあてはまります。

私も10年以上前、社会人から大学院でアメリカに留学した時、そうでした。

学生一学期目は、学生寮に。
これはもちろん失敗。20代後半の大人が18歳の学生と同じ部屋などは、到底無理な話でした。でも、とりあえず一学期間頑張りました。

次の学期からは、大学近くのハウスシェア。
学生数人との共同生活。でも個人部屋ではありました。
そこでも、はじめは大きく拒絶感を覚えました。

学生たちは皆私よりも若く、遊んでいるようにしか見えなかった。
なんだか全てが許せないと感じた。

でも少しして、ちょっと回りの状況を一歩下がってみてみたら、
変えなきゃいけないのは自分だと気が付いた。

大学生が真剣に勉強するときは、皆図書館で夜まで勉強してた。
家にいるときぐらい、友人と話してうるさくしてたって、
そんな彼らを責めるのは、違うんだなと思った。

話してみたら、皆良い子たちだった。
日本のように保護者の方が学費を送金してくれたりできる家庭は少なくって、
皆足りない分をアルバイトで稼いだり、奨学金を保持するために一生懸命スポーツやバンド生活に集中する。

勉強だけしてればよかった自分は、まだまだ甘いのねと感じた。

そういう環境が見えたら、すっと楽になった。
他の学生たちとも、年の差を超えて仲良く生活できた。

私が作った「超簡単な」フライドライスも「すごいおいしい!」と食べてくれたハウスメイト達。
お別れのときに、「AKIKOのようなNICEな女性と出会えてよかった」といってくれたハウスメイト達。

そういう日々を忘れない。

日本での自分の基準は、アメリカに来たら一切捨て去りましょう。
状況を柔軟に受け止めましょう。

あなたの価値観は、こちらでは全く関係のないものかもしれません。

固定観念を捨て去ると、新しい何かが見えてくると思います。

今日は、今現地で悩んでいる大人の留学生のためのメッセージ。

皆、頑張ろうね!

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

akikoUSCC

Author:akikoUSCC
現地発!アメリカ留学、短期滞在プログラムサポートのU.S.カレッジコネクション代表の今入亜希子です。アメリカ大学で8年間にわたり留学生のサポートにあたってきた経験を持ちます。アメリカの現場を知る私が、留学生に関連する情報を本音で語ります。アメリカ留学についての質問はmail@usccinfo.com
USCC Web site: http://usccinfo.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。