スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アメリカの不法移民の子供たちの将来

 2011-06-01
アメリカをはじめとして、国際教育に関わる人々にとっては、この5月の末から6月はじめにかけてが一番忙しくなる週と言えます。

というのも、国際教育交流協議会(NAFSA)という組織が開く1年に一度の大きな評議会がこの時期アメリカやカナダのノースアメリカの都市で持ち回りで開催されるためです。

今年は6月3日まで世界各国からやってきた何千人もの人々がバンクーバーに集結しています。今年は行けなかったNAFSAの評議会ですが、来年こそと、意気込む私です。

さて、国際教育に関わる人々にとって、アメリカの移民法やアメリカと諸外国との関係についての動向はとても気になります。実際、NAFSAはアメリカの移民法の改善について、頻繁に国へ進言してもいるのです。

そんな中でここ数年NAFSA関係者の大きな願いは親とともにアメリカへ不法に入国してきた子供たちに救いの手を差し伸べようというドリームアクトの議会通過です。

オバマ大統領も後押しするこのドリームアクトなのですが、実はすでに一度議会により却下されています。

もともとドリームアクトとはなんなのか?
子供のころに親と共に不法に入国し、ドリームアクトで定める諸条件を満たしている子供であれば、最低2年間の大学教育か軍隊の経験後に永住権を与えられるというもの。

子供のころに不法にアメリカに入国してきた生徒たちのことを、Undocumented Students(書類の無い子供たち)と呼びます。

アメリカで生まれている訳ではないので、ソーシャルセキュリテイーナンバーもなし、パスポートもなし。自動車免許も取れなければ、合法的に労働もできない。外国人とは言っても、正式にビザを持ってアメリカに滞在している訳でもない。合法的な身分を示す書類が一切ないという意味でこのアンドキュメントという言葉が使用されています。

アメリカでは高校までは、何も聞かれずに教育を受けることができるのですが、大学にいたっては厳しい道のり。多くの州立大学はアンドキュメントの学生を受け入れず、州立に比べ比較的自由な采配ができるのが私立大学ですが、今度は逆に学生が学費を払えないという困難な状況に。

なんとか大学教育を受けられた学生たちも、その後の将来と聞かれると、見通しは暗い。アメリカに合法的に暮らしていないのだから、仕事を得ることもできないし、国外退去の通告が下りるかもしれないということに日々おびえて生活をしているのです。

選んで不法移民となった訳ではない、アンドキュメントの子供たちを救済するドリームアクトがどうして議会を通過できなかったのか?

「どんな理由であっても、不法に入国してきた人間に、合法に生きる権利を与えるのは正しくない」という考えを持つ議員もいるからです。

しかしながら、どんなに優秀な学生であっても、アメリカしか知らない学生であっても、記憶すらない小さい時に親に連れられて入国してしまったのが不法な手段であったということで、彼らの将来は閉ざされているのは、私には理解できません。

昨年のNAFSAの協議会のプレゼンテーションの中でこのアンドキュメントの学生についての調査に関するプレゼンテーションを聞きました。

「留学生には将来がある。でもアンドキュメントの学生には将来がない」

不法移民としてアメリカに暮らす学生たちの正直な感想です。

ドリームアクトの議会通過を心から願います。

なんだかかなり真剣な内容になってしまいましたが、NAFSAの評議会真っ最中の今、アンドキュメントの学生について書かずにはいられませんでした。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://uscc.blog136.fc2.com/tb.php/34-7ada4628
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

akikoUSCC

Author:akikoUSCC
現地発!アメリカ留学、短期滞在プログラムサポートのU.S.カレッジコネクション代表の今入亜希子です。アメリカ大学で8年間にわたり留学生のサポートにあたってきた経験を持ちます。アメリカの現場を知る私が、留学生に関連する情報を本音で語ります。アメリカ留学についての質問はmail@usccinfo.com
USCC Web site: http://usccinfo.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。