スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アメリカのATMで現金を引き出すには?

 2011-06-20
アメリカに数週間から数か月滞在される場合、多額の現金を持ち込むのはお勧めしません。
しかしトラベラーズチェックだと、使えない場所もあったりして意外に不便を感じる可能性もあります。

そんな時に海外のATMも使える日本のキャッシュカードをお持ちになるのが便利ですね。少々手数料はかかりますが、それでも指定のATMがあればそこからアメリカドルで現金を引き出せるのは魅力です。

数年前までは多くの大手銀行が、国際キャッシュカードを商品として出していたのですが、最近ばたばたと新規の申込みが中止となっています。びっくりしました。最近気が付いたのですが、ゆうちょワールドキャッシュカードはすでに2008年に新規発行を中止されております。三井住友の国際キャッシュも昨年から新規取り扱いが中止!

国際キャッシュカードは儲からないのでしょうか?

それにしても、海外出張に出かける人も、観光旅行も、留学生も必要としているのが、海外でも使えるATMカードです。

今現在どこが発行しているのか、この際調べてみることにした私です。

もちろんシティバンクは外資だけに当時から口座を開くだけで、世界各国のATMで現金が引き出せることを売りにしておりますので、現在もそのまま続行です。海外で使用できるATMの数からいってもシティバンクがダントツ便利なのですが、口座を維持するのに最低預金額があるのが難点ですね。

新生銀行もシティバンクと同様に、口座を持っていれば同じATMカードで海外でも使用できるそうです。ただし、使用できるATMがPLUSシステムに限っているのが残念。

さらに、最近日本でも注目されているのが、VISAデビットカードというものです。

VISAですので、もちろん全世界でクレジットカードとして使用でき、デビットカードでもあるので銀行口座と直結しているのが特徴でもあります。銀行口座と直結しているから、海外のATMから国際キャッシュカードとして現金の引き出しも可能となるわけです。

スルガ銀行のVISAデビットカードは「高校生でも持てるクレジットカード」と銘打ち、15歳以上から持てるVISAデビットを発行しています。若い学生の方には便利ではないでしょうか。

りそな銀行のVISAデビットはJALと提携しており、マイレージもたまることをアピールしています。

どちらのVISAデビットカードもATMを使用する場合にはPLUSシステムのものに限ります。

長期で留学される方も、バックアップとしてこのような日本のATMやVISAデビットをお持ちになるのも良いかもしれません。

今回は私自身も新たな発見がありました。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://uscc.blog136.fc2.com/tb.php/38-2aca1968
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

akikoUSCC

Author:akikoUSCC
現地発!アメリカ留学、短期滞在プログラムサポートのU.S.カレッジコネクション代表の今入亜希子です。アメリカ大学で8年間にわたり留学生のサポートにあたってきた経験を持ちます。アメリカの現場を知る私が、留学生に関連する情報を本音で語ります。アメリカ留学についての質問はmail@usccinfo.com
USCC Web site: http://usccinfo.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。