スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

リベラルアーツ大学嗜好の方へ

 2012-07-14
日本に滞在中です。なんだかあっという間に2週間が経過。東京で開催した留学セミナーと、オペア説明会も無事終了しました。来て下さった皆様、本当にありがとうございます。

日本にきてから、多くの学生の方や保護者の方と、お電話でお話しをお伺いすることもできました。こうやって皆さんと直接お話しをする機会を設けるのはとても良いことです。たしかにアメリカに居るときもお話しはいつもしておりますが、アメリカにいるときとはまた違った感覚なのです、不思議です。

学生の皆さんと直接話す機会があって、感じたのはリベラルアーツカレッジ嗜好の強さです。前にもこのブログで書いたことがあるかと思うのですが、本当にリベラルアーツを希望する学生さんが多いということ、改めで実感しました。

今回書きたいのは、リベラルアーツも確かに良いです。
でも、リベラルアーツ系以外の大学にも目を向けてみませんかということなのです。

少人数制で、教授との距離も近く、それだけに、学業に専念できるということが言われているリベラルアーツ大学ですが、州立大学でも、他の私立大学でも、そのような大学が存在します。

予算が限られている方は特に、リベラルアーツ系以外も目を向けてみてください。
少人数制で、私立大学であるリベラルアーツ系大学は、通常学費は高めです。それだけに留学生にも保護者の収入を考慮したファイナンシャルエイドを出すところもありますが、まずは競争率の高い大学の審査を通過する必要があります。

リベラルアーツ大学の上位に上がってくる大学の合格率は、有名州立大学の合格率と比べても高い場合が多いです。TOEFLの基準点もそれだけにかなり高く設定されています。

さらに、リベラルアーツ系の大学は高校を卒業してすぐに入学するパターンが一般的で、他の大学からの編入は非常に少ない。留学生にもSATやACTなどアメリカの高校生が提出する学力試験のスコアを求められることが多い。
などなど、上位リベラルアーツカレッジを目指すためには、さまざまな関門があるのも事実です。

大学調査の段階では、州立、私立、リベラルアーツ、こだわらずに学びたい環境がある大学を探してみてください。まだどんな大学があっているかを探している段階から、絞り込むのはせっかくの可能性を狭めてしまうことになるのではと、私は思うのです。参考にしてくださると、嬉しいです。


あと1週間でアメリカに帰国。もうそろそろ、あのでっかいテキサスに戻るのも良いかなと感じております。何より、思いついたときに電話を握って、学校や大学関係者たちに話ができる環境が少し恋しい。私の仕事は、「学生の皆さんに、有益な情報をいち早く」だと思っているので、これができる環境はやはり私自身がアメリカにいることかな、と今回は実感いたしました。

あと1週間の日本も、ぞんぶんに楽しみたいと思います。
土産買わないと・・・

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://uscc.blog136.fc2.com/tb.php/69-3d5b4e59
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

akikoUSCC

Author:akikoUSCC
現地発!アメリカ留学、短期滞在プログラムサポートのU.S.カレッジコネクション代表の今入亜希子です。アメリカ大学で8年間にわたり留学生のサポートにあたってきた経験を持ちます。アメリカの現場を知る私が、留学生に関連する情報を本音で語ります。アメリカ留学についての質問はmail@usccinfo.com
USCC Web site: http://usccinfo.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。