スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

CUNYの出願は気長に

 2012-10-16
アメリカ大学出願の準備に、着々と入っていますか?

留学アドバイザーとして、アメリカ大学に出願する皆さんには、
「とにかく早め、早めの行動を」とお伝えします。

「そんなこと知っている」などと言わず、行動してくださいね。

ニューヨーク市立大学(CUNY)の出願プロセスは、

「とても気が長いプロセスである」と実感している私です。

オンラインでCUNYシステムのオンラインアプリケーションを提出します。

ここまでは便利です。

4校までCUNY系列のコミカレ、大学、大学院に同じアプリケーションで一気に出願できるのですから。


さらにオンラインでアプリケーション手数料もクレジットカード清算したら、これも確かに便利。


アプリケーション受け取りの確認メールも学生さんの元にすぐ届くようです。


ところが、


アプリケーションを提出してからが困難。

オンライン上で提出されたアプリケーションが、実際にシステムに入力されるまで、

「6週間待ちましょう。」

電話をかけると自動音声メッセージが流れてきます。


6週間!!!

出願締め切り前に提出しても、入学したい学期に間に合うように合格の切符を得るにはかなり時間を要する訳です。

CUNYに出願するならば、この6週間分を見越して、

出願締め切りからさらに6週間前にはアプリケーションだけでも提出するのが賢明だなと感じました。

来年の秋学期の渡米だから、まだまだ時間があるなんて言わず、

すぐにでもアプリケーション作成に取り掛かってくださいね。


ちなみに、CUNYのアドミッション問い合わせ電話は朝一番の受付段階で、回線が混雑しておりました。

すごい。


大学出願は提出したらお終いじゃない。

そこからがまさに戦闘態勢です。


アメリカは声を出してもの勝ち。

御自身の出願状況を、くどいぐらいにチェックしないと、いけません。


待ってたらだめですよ。


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://uscc.blog136.fc2.com/tb.php/81-e53e62a8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

akikoUSCC

Author:akikoUSCC
現地発!アメリカ留学、短期滞在プログラムサポートのU.S.カレッジコネクション代表の今入亜希子です。アメリカ大学で8年間にわたり留学生のサポートにあたってきた経験を持ちます。アメリカの現場を知る私が、留学生に関連する情報を本音で語ります。アメリカ留学についての質問はmail@usccinfo.com
USCC Web site: http://usccinfo.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。