スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

書類が届いていませんって言われます

 2012-11-27
2013年1月入学のための出願プロセスが最終段階に入っております。

1月に大学生となるためには、12月中にはビザ申請をしたいところですから、今はもう出願プロセスを終了させるべく日々必死になっている私です。

それなのに、「書類が届いていませんよ~」と大学から言われてしまうのです。

「1か月以上も前に日本から成績表は送付されてます」

「でもね~、データベースには保存されてないのよね~」

そんな会話が繰り返されるのです。

血圧があがります。


大きな大学、州立大学、系列大学の全てが一つの場所に出願するなどという場合には、いらいらする状況が良くおこります。

実際に働く職員ですら、書類が届かないこと、あるいはきっちりプロセスされないことがわかっているのでしょう。

クレームもたくさんいただくのでしょう。

今日はこんなアドバイスをもらいました。

「必要書類は全て一つにまとめて、一つの封筒にいれて、再度送ってください。」

「TOEFLやIELTS、SATといった試験のスコアも主催の組織からスコアリポートを送る手配をとったあとに、受験者にも送付されたスコアのコピーを同封してください。」

つまり、2度手間になろうとも、書類のコピーを大学側に送ってみなさいと。

大学によっては、成績表は学校から学生を介さずに送るようにというルールがあった場合にも、送った履歴がトラッキングできるように日本からだったらEMSやFEDEXを利用すること。

アメリカの大学のアドミッションオフィスのシステムは、欠陥が多いです。
それを認めた上で、学生たちのほうに、防御策を求めてくるのは、違うんじゃないかと思うのですが、

そっちの方が、大学のプロセスを大幅に変更するよりも簡単なのは事実。

ということで、念をいれることにやりすぎはないというお話しでした。

私は再度成績表を入手するように学生さんに指示しました。

あと2週間なんて、とても待てません。


出願プロセスが早く完結しますように。


心から願っております。




スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://uscc.blog136.fc2.com/tb.php/85-5e079381
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

akikoUSCC

Author:akikoUSCC
現地発!アメリカ留学、短期滞在プログラムサポートのU.S.カレッジコネクション代表の今入亜希子です。アメリカ大学で8年間にわたり留学生のサポートにあたってきた経験を持ちます。アメリカの現場を知る私が、留学生に関連する情報を本音で語ります。アメリカ留学についての質問はmail@usccinfo.com
USCC Web site: http://usccinfo.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。