スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

マーティンルーサーキングジュニアデー

 2014-01-18
今週末はアメリカはロングウィークエンド。月曜日がDr.マーティン・ルーサー・キングジュニアデーの祝日となるため、公立の学校や大学などでは土曜日から月曜日まで3日間のお休みとなるのです。

ビジネスや私立の学校は月曜日もオープンというところもありますが。

日本人の間でも、キング牧師という言いかたをすれば、あぁ、黒人解放を訴え、公民権運動の立役者のキング牧師ね。
とピンと来る方も多いでしょう。

アメリカにすでいらっしゃったり、アメリカ留学を目指す皆さんはぜひともこの機会に、キング牧師について学んでみてください。

キング牧師についての日本語での説明:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2

英語で学んでみよう!
http://www.infoplease.com/spot/mlkjrday1.html

I have a dream スピーチはあまりにも有名。

どんな演説内容なのか、改めて彼のスピーチを英語で見直してみるのも、キング牧師の偉業をたたえる祝日にふさわしい過ごし方かもしれません。


アメリカでPCを購入するならば:大学生はお得

 2013-08-10
さ、そろそろ秋学期を前に渡米直前ですね。

この秋学期から新入生という方も多いでしょう。

いろいろ渡米準備い追われている中、パソコンを日本で購入するかアメリカで購入するか、迷っている学生さんも多いでしょう。

保護者の方からのお問い合わせも多いです。


今は、WindowsのPCは日本語言語を別にダウンロードすればOKですし、マックについては立ち上げたときの設定で日本語を選べばそれですぐに日本語を打てますよね。

これはiPadをもっている私も同様でした。

ということで、日本語で打つから日本でパソコンを購入ということではないのです。


私のPCも過去2台はすべてアメリカ購入です。
今年久しぶりに日本でPCを購入しました。


その違いはOSが日本語か英語かです。
また日本語のキーボード表記か、英語のキーボード表記か。

OS(システム)が日本語だと、もちろん基本は日本語。

インターネット検索などをしていても、日本語表記が自動的に現れたりします。

アメリカで購入するとその逆です。


あとは、キーボードの並びが日本語と英語で若干違うところが少し慣れるまで時間がかかるでしょうか。

これは英文を打つときに違いを感じます。


ということであとは好き好き。



アメリカの大学では、どこでもテクノロジーサポートの部署があります。ITデパートメントといいます。

この職員が学内のテクノロジーサポートを引き受けます。

必ず大学の、推奨コンピューターを参照してください。

ウエブサイトが必ずあります。

そこに、学生として、無料でOFFICEのソフトをダウンロードできたり、学生割引でコンピュータが買えるなどの特典の情報が掲載されていたりします。

アメリカでPCを購入予定の方は、必ず大学のウエブサイトから何か割引がないかどうかを確認すること。

アメリカだと複数のコンピューターストアもあります。あるいはインターネット購入で、寮に郵送してもらうことも可能です。

最近は学生一人一人がラップトップコンピューターを持つことを推奨する大学も多いので、PCは今後必須です。

個人の嗜好でどのPCにしようか決定しましょう!


大学生頑張れ!



夏の渡米シーズン

 2013-07-21
今週末はサマージュニアプログラムに参加される学生の方を中心に、複数の方の渡米の現地到着のサポートをしました。

ちょうど日本の高校が夏休みにはいる今が、渡米ラッシュというわけです。

みなさん若いので、一人での旅行すらはじめてという方も多く、日本で心配されている保護者の方のためにも、現地にいる私が学校や送迎会社の間に入ってサポートしたわけです。


それにしても、いくら打ち合わせをしても、当日は何があるかわからない。

ハプニングも起こるわけです。

そんな時に、助けを求められるって心強いですよね。



予定した飛行機が遅れた方も複数おりました。
到着したら、迎の方がどこにいるのか、わからなかったかたもいます。



そういう時に、学校側と連絡をつけて、
次の行動を指示したので、なんとか解決しました。


サポートしていて感じたのは、


アメリカでも通話受信できる携帯電話を持参するのが一番。
連絡ができなければ、どうしようもありません。

今はスマートフォンだったらアメリカでも使用可能。

通話料金が高くなるのが気になる場合には、しかも今後もアメリカ訪問を考えているのならば、

アメリカで使用するプリペイド携帯を購入しちゃうのも方法。
日本でも購入できるものもありますし。


公衆電話って、今や空港でも見つけるのが難しいのです。
欲しいときに、見つけられない典型です。

はじめての海外旅行ならば、直行便でいける場所が便利。
乗り換えのときに、迷った方もおりました。


最後に助けを求める勇気を持つこと。

みなさん、非常時はさすがに聞くことをされるようですが、
これって重要です。

声をださないとわからない。

恥ずかしさも置いておいて、とにかく誰かに聞く勇気。



渡米初日が留学のはじめの試練。

これを乗り越えたら一つ大きくなります。

失敗もまたよい経験です。



深夜3時まで起きていた私は、(アメリカの時差の都合上

今日はとても寝不足です。


でも結果的にみな無事に到着しました。


これからの数週間の留学を頑張りましょう!




東京・大阪で留学質問会します

 2013-05-22
こんにちわ。テキサスはすでに真夏の様相です。あつい。

アメリカの学校システムは5月で年度終了で、このあとは長い夏休みへと突入です。
これから8月までは、学生たちは、家に戻ったり、新学期の準備をしたりという季節に入っていくのです。


さて、この夏休みを利用し、私も日本訪問を決定いたしました。

6月の20日から7月2日まで滞在いたします。
期間中、東京と大阪の2都市で直接学生や保護者の方とお会いする機会を設けます。

語学、大学、大学院、スポーツ留学、オペア留学を考えているあなた、直接私に質問をぶつけてみませんか?

2年前から日本でこのようなセミナー・質問会の機会を作っておりますが、今回ははじめて大阪まで足を延ばします。

大阪の旅行自体がはじめてのことで、とても楽しみにしております。

イベント日程ですが:

6月22日:東京 留学質問会(語学、正規、スポーツ留学)
6月23日:東京 オペア説明会

6月29日:大阪 留学質問会(語学、正規、スポーツ留学)
6月30日:大阪 オペア説明会


これまで私にメールでお問い合わせくださった方、実際に今入に会いに来ませんか?
毎回少人数制でセミナーをしております。人数が多くなればグループ分けをして、一人一人の方のお話しをしっかり聞けるように配慮しております。

また参加者同士の交流もこの場で生まれますので、留学を目指す他の方と知り合える機会でもあります。

2013年6月の留学セミナーの詳細と申込みは以下よりお願いします。
http://usccinfo.com/?page_id=1353

追伸:大阪に滞在中はおいしい食事楽しみにしております。東京とはまた違う文化を体験できることでしょう。


私を不合格にした大学へ:アメリカ人高校生の本音

 2013-04-05
今週、アメリカ人高校生が書いたコラムが、アメリカの由緒ある新聞ウォール・ストリート・ジャーナルに掲載され話題になった。

その高校生が書いたコラムのタイトルは:
To (ALL) the Colleges that Rejected Me
私を不合格にした全ての大学関係者へ

出願した大学から複数不合格の通知を受け取った著者が、その経験を皮肉とユーモアをちりばめながら書いた「作品」である。昨日はアメリカの人気モーニングショーにも生出演をしてこのコラムについて話をしていた彼女は一躍有名人。

出願した大学はアイビーリーグ校と、公立のアイビーリーグに匹敵する大学の強豪校。
過去5年間ほどは、いつかこのようなアイビーリーグの学生になるべく夢をみて、勉強とパーフェクトな出願書類にひってきする経験をつらねてきたという。

高校の成績は4.5つまり、オールAの上をいく。
高校のプログラム的に、難しい内容を履修すると難易度も考慮した成績がでてくるのです。

SATの試験結果も2000点以上。

きっと素晴らしいエッセイも書いたのでしょう。

それでも、不合格だったという現実。

これに対して、アイビーリーグなどの自分を不合格にした大学たちがその理由として、上げているのが、Diversity、人種的、経験的、人生的にマイノリティーなことが見受けにくいという点。

彼女は、白人社会で、何の苦労もなく生きてこられたのは自分の選択ではないと語る。
さらに、皮肉をこめて332分の1でも、少数人種の血が入っているエリザベスが羨ましいと文をすすめる。

チャリティーのボランティアだって、大学出願のためだけにもっとやっておけばよかった。
アフリカや貧困地域にいってのコミュニティー活動も、大学合格を目的にしてやっておけばよかった、などなとジョークと半分本気なつぶやきが続くのです。

このコラムを読んでどう思うか?


たしかに、大学に合格できなかった一高校生の不平不満ととる大人や大学関係者もいます。

このコラムを書くきっかけが、行きたかった大学から落とされ、腑に落ちない気持ちを解消させるために書いたと本人も認めていますから、たしかに不満はうかがえる文章です。


でも、この文章から私たちが学ぶことは:

アイビーリーグやそれに匹敵する大学への合格を手にすることがいかに厳しいか。

アイビーリーグの合格率は、高校生を卒業してすぐ出願するフレッシュマンだと数パーセント。

それだけです。

何万通の中からたった数パーセントの合格者です。

高校の成績がオールAであることは当然
SATの試験が2000点以上であることは当然
エッセイも素晴らしいものであることは当然

ここで差がでてこないから、どこで選ぶかとなると

より多くの、さらにユニークな、

ボランティア、チャリティーの経験、
文武両道をアピールするためのスポーツの功績

音楽など文化的な面での功績

不遇な運命にも負けずに生きてきた経験

などなどが必要になってくるというもの。


問題はこれらの活動を、本心からやるということではなく、
大学に合格するための手段としてやるようになってきているということ。

それってどうなんだろう?

って著者は指摘している訳です。


たしかに、ちょっと考えさせられるコラムでありました。

留学生であるあなたは、Diversityを大学にいれるという面では、優遇されることがあります。

それなれば、そのチャンスを生かしましょう。

留学生であるあなたが、大学にどんな新風を吹き込めるか、エッセイで大きくアピールしましょう。


留学生だから不利ですか?

答えは有利にするのです。

努力するのはあなた次第。


追伸:上記のエッセイを書いて一躍有名人となった彼女は、有名な大学から複数合格報告ももらっています。記事を書くライターのインターンシップなどの依頼もあったとか。

人生何がプラスに働くかわかりませんよね。


≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

akikoUSCC

Author:akikoUSCC
現地発!アメリカ留学、短期滞在プログラムサポートのU.S.カレッジコネクション代表の今入亜希子です。アメリカ大学で8年間にわたり留学生のサポートにあたってきた経験を持ちます。アメリカの現場を知る私が、留学生に関連する情報を本音で語ります。アメリカ留学についての質問はmail@usccinfo.com
USCC Web site: http://usccinfo.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。